Custom Home 注文住宅で豊かな暮らし

難しくない注文住宅

キッチン

注文住宅というと建売住宅に比べてものすごく労力と費用が掛かるように思われているのが残念です。
注文住宅嫌厭派の意見としては、コンセントの位置まで決めるなんて面倒、こだわってもどうせ3回建てないと満足のいく家にはならない、建築費用が予測できず資金計画が出来ない、などなど。
このように心配する人は親戚や友人が注文住宅で苦労したのを見たという場合もあるでしょうし、もしかすると結婚披露宴の打ち合わせが大変だった事を思い出しているのかもしれません。
実際に注文住宅に労力を掛け過ぎて新築ウツになったり、要望が膨らみ過ぎて当初の予算をオーバーしてしまったりという失敗はありえますが、それは非常にこだわりが強い施主か、非常に不親切なハウスメーカーにお願いした場合でしょう。
実際にはハウスメーカーは標準仕様と呼ばれるひな形を持っていて家族構成・生活プラン別の間取りから壁紙や照明プランまで「おまかせで」と言えばプロが提案してくれます。
建築費用においても注文住宅は決して不利ではありません。仮に同一の間取り、仕様であれば建売住宅の方が注文住宅よりも価格は安くなります。
ここで再考すべきは、購入候補となっている建売住宅にはあなたにはいらない仕様もいくらかは含まれるという事です。注文住宅で必要最低限の大きさや設備を選択することで、建売住宅と同程度の費用でより満足度の高い住宅を手に入れることが可能になります。

NEW POSTS

注文住宅のデメリット

注文住宅というのは、自分で色々な間取りや階数、外装などを設計できるのでありますがそんな注文住宅も悪い点というものはついているものです。では、どんなデメリットが存在するのでしょうか?注文住宅のデメリットとしては、自由に選べるために選ぶまでにいろいろと時間がかかるということです。間取りなどを選ぶときには、何度か建築会社などとの交渉や打ち合わせが必要です。間取りによっては予算が多くなったりしてしまって折り合い…

家の積み木